TEL 078-367-1221

女性弁護士に相談するなら!
示談を有利にする方法はこちら
交通事故案件はこちら
障害の認定までのサポートはこちら

アクセス

アクセスマップ
住所
〒650-0017
神戸市中央区楠町6-2-6
ハーバースカイビル6階

電車でのお越しの場合

阪急・阪神・山陽電車・神戸高速鉄道
高速神戸駅下車8番出口 徒歩4分

JR神戸駅下車 徒歩8分

地下鉄大倉山駅 西2番出口 徒歩5分

お車でお越しの場合

阪神高速 柳原インターチェンジより
北東へ 車で7分

メールをご希望の方はこちら
AI法律事務所『くろてん日記』はこちら

よくあるご質問

  1. Q1: 交通事故に関する損害にはどんなものがありますか?
  2. Q2: 損害賠償請求はいつまで可能ですか?
  3. Q3: 交通事故はどのような流れで解決していきますか?
  4. Q4: 交通事故の加害者はどのような責任を負いますか?
  5. Q5: 訴訟は自分でも起こすことはできますか?
  6. Q6: 示談とは何ですか?また了承したものを撤回することはできますか?
q1交通事故に関する損害にはどんなものがありますか?
 「死亡事故」の場合、死亡しなければ将来得られるはずの収入
(逸失利益)、死亡までの入院中にかかった費用、葬儀費用、慰謝料
などがあります。
 「傷害事故」の場合は治療費、入通院の交通費、仕事ができな
かったことによる損害(休業損害)、慰謝料、後遺障害が発生した場合
は、後遺障害による逸失利益や慰謝料があります。
 「物損事故」の場合は、車の修理や買い替えの費用、代車費用、
休車損害などがあります。

ページの先頭へ戻る

q2損害賠償請求はいつまで可能ですか?
事案によって異なりますのでご相談ください。
お問い合わせ・ご相談は078-367-1221 メールのお問い合わせ・ご相談はこちら

ページの先頭へ戻る

q3交通事故はどのような流れで解決していきますか?
フローチャートにて確認できます。
解決の流れからご参照ください。

ページの先頭へ戻る

q4交通事故の加害者はどのような責任を負いますか?
 事故を起こした加害者は「刑事」「行政」「民事」の3つの責任を
負うことになります。
 「刑事上の責任」とは、業務上過失致死傷罪、危険運転致死傷罪
などで、罰金刑などの刑罰を受けることとなります。
 「行政上の責任」とは、公安委員会による免停、免許取り消しなど
の処分のことです。
 「民事上の責任」とは、被害者への損害に対する賠償になり、被害
者と話し合い等の結果、賠償金や慰謝料を払うことになる責任です。

ページの先頭へ戻る

q5訴訟は自分でも起こすことはできますか?
 訴訟は弁護士だけでなく、自分でも起こすことができます。裁判
所に行き、訴状を作成し、提出して「訴えの提起」を行います。
 提起をしたあとは、裁判所で、争点及び証拠の整理手続き、口頭
弁論などを実施。
 但し、裁判所では裁判進行上の「手続」を教えてくれますが、訴え
をおこしたあとに自分の主張、要求、何を提出するのが有利か等、
裁判を有利に進める方法は教えてくれませんので、自分で考える
リスクがあります。
 一度ご相談いただくことをおすすめします。

ページの先頭へ戻る

q6示談とは何ですか?また、了承したものを撤回することはできますか?
 示談とは、裁判外で当事者間にて、お互いに話し合い、譲り合って
紛争を解決することです。
 一度、示談が成立すると、原則として、撤回はできません(一度
ご相談ください)。示談は口約束でも有効ですが、一般に「示談書」
を作成します。